AirMac Express購入、CUBE取り外し。

20120723-001

先日のブログでau Wi-Fi HOME SPOT CUBEについて書いたんだけど、やっぱりダメだったので早速AirMac Expressを購入。

なんて言うかIPアドレスを固定して様子見中だったんだけど、何故か勝手にDHCPに戻ってた(笑)
勝手に再起動でもしたのかな?
そもそも設定が反映されないとか、勝手に設定が変わるとかダメすぎる。  
デザインもスペックも悪くないんだけどね。

で、AirMac Expressだけどこの機種はWAN側のインターフェースが100Mbpsなので微妙にボトルネックになる気がするけど、常に300Mbpsで通信できる程近くで使うわけでもないので妥協。
Extremeにすれば1Gbpsみたいだけど値段も倍くらい違うし、LAN側インターフェースもHUBがなくなるほど沢山あるなら考えるけど3個だしね。

開封してみるとiPhoneやMacBook Air、Mac miniと同じように箱ギリギリに本体が入ってる。

20120723-002

で、その本体を取り出してみると、すぐ下に厚紙の仕切りがあって・・・。

20120723-003

さらにその厚紙をとってみると電源ケーブルがとぐろを巻いて入ってた。

20120723-004

CUBEと比べてみると体積はAirMacの方が小さいけど、底面はCUBEの方が小さい。

20120723-005

で、早速ケーブル類を接続して電源を入れてみると、違うHUBに刺さってるMac miniが勝手に検出して自動的にAirMac ユーティリティが起動、だけどここは敢えて無線しかないMacBook Airで設定をしてみる。
同じようにAirMac ユーティリティを今度は手動で起動してみると、自動的にAirMac Expressを検出、SSIDとパスワード、AirMac Express本体の名前を入力するとすぐに使えるようになった。

Web UIなんかは持ってないみたいでユーティリティからしかいじれないみたい。
WAN側のIPアドレスを固定したり、5GHz帯の設定なんかもこのユーティリティから簡単にできて、拍子抜けするくらいだった。


コメント

  • この記事へのトラックバックは閉じられています。
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。