VPNサーバ。

今までは、Linux(CentOS5)にPacketiXをインストールして利用していたんだけど、この場合NICが2枚必要になったり、Linuxを再起動するとVPNが切断されてしまうと言った不具合があったため、VMware ESXiを導入したのをきっかけに、VPN専用のサーバを構築することにした。

これで、Kernelのバージョンアップの際などもリモートから手軽に実施出来るし、万が一起動しないってことになってもESXiのコンソールから原因も特定しやすい。

んで、VPNサーバを構築するにあたり、OSを何にするかと迷ったんだけど、とりあえずWindows XPであればライセンスもあるし、メモリもそれほど必要ない(512MBで十分)のでWindows XPをチョイス。

Linux(CentOS5)にインストールしても良かったんだけど、ちょうどリモートデスクトップで利用したりっていう目的もあったし、仮想NICとはいえ2枚NICが必要になったりするので・・・。

ってことで、早速Windows XPをVMware上にインストール・・・。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。