iPhoneのキーボード。

iPhoneでは日本語のキーボードに2種類の入力方式が選べる。

一つはフルキーボードで、もう一つは10キーを利用したもの。
で、パソコンでも使うQWERTYキー配列をそのまま使えるフルキーボードを今までずっと使ってたんだけど、どうも最初に指が触れる場所がずれると隣のキーを押してしまったりってことがまれにあって、不便だった。

結構いろいろなサイトで紹介されてるんだけど、10キーを利用したキーボードだとフリックすることでイ段、ウ段、エ段、オ段を入力できる感じになっている。
これって押した状態でキープしてポップアップするのを待たないといけないのかと思ったらそうじゃないらしい。

ちょっと練習しなければ早くならないと思うけど、しばらく我慢して練習すればフルキーボードを利用するより早くタイプできるようになりそうな感じがする。

やっぱりこういうキーボードって早くタイプできないといらいらするよね。。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。