クルーズ・コントロール。

クルーズ・コントロールの取り付けを勧める記事ではありません。
この記事を見てDIYなどを実施した結果何らかの事故などが発生しても一切関知しません。

・・・と、堅苦しくも一般的な断り文句を言いつつ。

後付けでクルーズ・コントロールと言うことになると現状ではいくつかの選択肢があるらしい。
まずは一番の有名どころ(らしい)SERIOUS電子制御式クルーズコントロールや、ワイヤー式クルーズコントロール
あとは、最近発売になったPIVOTの3-drive・AC、i-Accelの後継機のi-Stage・・・。

SERIOUSの製品は取扱店と取り付け可能店が載ってるんだけど、3-drive・ACやi-Stageはどこで取り付けてくれるんだろう?

値段はいずれも3万~4万って感じでSERIOUSの製品だけちょっと高いイメージ。

3-drive・ACはブレーキを踏むとその時点で動作がキャンセル、i-Stageは2秒以上踏み続けるとキャンセルされると言う違い以外にはクルーズ・コントロールの動作に違いは無い様子。
一度キャンセルされた後に再度設定速度まで加速する機能はないみたい。

3-drive・ACはMTのオプションがあり、i-Stageには見当たらない。
i-Stageは動作中にクラッチを切るとゆるゆると回転を上昇させ、レッドゾーンまで吹け上がるらしい。
(急に回ったりはしないので普通にシフトアップする分には問題なしとのこと)

SERIOUSの製品はブレーキやクラッチを踏むとキャンセルされ、RESボタンを押すと設定速度まで再加速するらしい。
再加速の機能が付く分ちょっと割高なのかな?
3-drive・ACとi-Stageはスロットル・コントローラーが付いてる分ちょっとお得?

ディーラーで車検について聞いて見たところ、受け入れ拒否などと言ったことは無く、車検時に動かないようになっていれば問題なしとのこと。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。