カテゴリー : 2011年 9月

iPhoneをドラレコに。

最近YouTubeに事故の動画が載ってたり、聞いた話で相手側が嘘をついたせいで不利になったりといろいろあったのでドライブレコーダーがほしくなった。

単にドライブの様子を録画しておいて後で見ても楽しそうだしってことで、常時撮り続けるタイプを探してたんだけど、どうもボコッとした感じの製品しか見つけることができなかった。

先日、何かの記事でiPhoneのアプリを利用してドラレコっぽいことができることを知った。
・・・確かにカメラも画面もついてるiPhoneを使えば安く済みそう。
ただ、車載したくなるようなスタイリッシュなホルダーがないんだよねぇ・・・ってことで放置してたんだけど、某特価品を紹介してるページで良い製品を発見。

サンワサプライの200-CAR008ってやつなんだけど、シボのある場所にもくっつくらしい。

続きを読む

今更だけど・・・

今までずっとBUFFALOのDT-H10/U7ってやつを使ってたんだけど、どうも録画できたりできなかったり、たまに見れないチャンネルがあったりなかったりと不安定だったので売却、代わりにAquosにつなげるレコーダーを買った。

でも、やっぱり通勤の途中で見たいなぁ〜とか、CMカットして保存したいな〜っていうのがあったのでパソコンで録画できる環境を構築しようとした結果、候補として浮かんだのはFriio。
1年くらい使うと壊れるっぽいけど羊羹みたいな樹脂を取り除けば復活するらしいし、値段も昔と比べて安くなってきたので思い切って購入。

オークションで7,350円だった。

続きを読む

勢い余って・・・。

なにかをポチってしちゃった。
まぁ、ポチってしたって言うより、 お店をうろうろ見て回ったりメールで連絡したりで入手するまで結構時間かかったけど。。

20110913-001

で、買ってきたのが↑の箱。
何が入っているかというと・・・。

20110913-002

MC815J/A。

続きを読む

Mac miniほしい。

今、自宅サーバとしてMac mini(Early 2006)を使ってるんだけど、CPUをアップグレードしているとは言えどうも動作が重い。

で、調べてみるとどうやらServerを導入しているのが原因っぽい。
素のLionであれば2GBのメモリでもある程度快適に使えるみたいなんだけど、Serverを導入してサービスを立ち上げると4GB程度のメモリが必要らしい。

さらにVMwareなんかでLinuxなんかを立ち上げようものなら・・・って感じ。
PacketiXが使いたいからLinuxかWindowsは必須なんだよね。。

ってことで、新しいMac miniがほしくなってきた。

続きを読む

Macがフリーズ。

最近、Quick Sync Videoを利用するためにBoot Campを導入した。

Boot Camp領域の要領は20GB(アシスタントのデフォルト)にして、システムのみをBoot Camp領域に、データはMacintosh HD(Mac OS Xがインストールされてるパーティション)に置くことにした。

データをMacintosh HDに保存するためにはBoot Campで起動した際にMacintosh HDに書き込みができる必要があるので、Mediafour MacDriveやらParagon HFS+ for Macの体験版を導入してみたんだけどどうもBoot CampでMacintosh HDをいじるとMacで再起動した初回時にフリーズする・・・。

どっちのソフトでも同様の動作ってことは、Mac側のアプリでMacintosh HDの中身が変更されると問題を起こすアプリがあるんだろうってところまではわかった。 続きを読む

Paragonの。

ParagonのHFS+ for Windowsについて調べてたらGiveaway of the DayPartition Manager 11Camptune 9.5のSpecial Edition(英語版)を無料で配布しているのを見つけた。

なんていうタイムリーな・・・。
Partition Managerはノーチェックだったけど、Camptuneは普通ならWindows側のイメージをバックアップしてパーティションを一度消して・・・っていう面倒なBoot Camp側のサイズ変更がスライダーを動かすだけでできてしまう画期的なアプリ。

これが不正な感じで利用するんじゃなくて無料でちゃんと正規なライセンスを発行してもらうことができるっていうのが素敵すぎる。

続きを読む