カテゴリー : 2019年 1月

Mi Pad 4 LTEにカスタムROMを。

0.前提条件

0.1. 開発者モードをONにする

adbの前提として開発者モードになっている必要がある。
Mi Pad 4の場合、「設定(Settings)」→「My device」→「すべてのスペック(All specs)」と遷移して「MIUIバージョン(MIUI version)」を7回タップすることで開発者モードをONにすることができる。
※カッコ内は英語表記の場合

0.2. 買うならグローバル版

Xiaomi Mi Pad 4 LTE(メモリ4GB、ストレージ64GB):30,012円
Xiaomi Mi Pad 4 Wi-Fi(メモリ4GB、ストレージ64GB):28,345円
Xiaomi Mi Pad 4 Wi-Fi(メモリ3GB、ストレージ32GB):21,119円

中華ROM版を購入するとロックされていて15日間、または30日間アンロックできない可能性がある。
ロック解除の仕方はBeヨンドさんの記事中国版Xiaomi Mi Pad 4 Plus レビュー 30日縛りでアンロック不可ROM焼きできない!変わりに谷歌安装器Installを参照のこと。

1. adbを使えるようにする

1.1. コマンドラインツールを利用する

Android Studioの公式ページから「コマンドライン ツールのみ」をダウンロードしてPlatform-toolsをインストールする。
※Android Studioを利用する手順は試していないので、別のページを探してください。

1.1.1. Mojaveにはwgetがないので、curlを使ってダウンロード

$ curl -O https://dl.google.com/android/repository/sdk-tools-darwin-4333796.zip
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100 98.2M  100 98.2M    0     0  1337k      0  0:01:15  0:01:15 --:--:-- 1233k

1.1.2. ダウンロードしたzipファイルを解凍してカレントディレクトリを移動

$ unzip sdk-tools-darwin-4333796.zip
Archive:  sdk-tools-darwin-4333796.zip
   creating: tools/
  inflating: tools/NOTICE.txt        
           ~ snip ~
  inflating: tools/support/typos-pt.txt  
  inflating: tools/support/typos-tr.txt  
$ cd tools

1.1.3. sdkmanagerを使用してplatform-toolsをインストール

$ bin/sdkmanager --install "platform-tools"
License android-sdk-license:            ] 10% Computing updates...              
---------------------------------------
Terms and Conditions

This is the Android Software Development Kit License Agreement
           ~ snip ~
January 16, 2019
---------------------------------------
Accept? (y/N): y(←yと入力してEnter)
[=======================================] 100% Unzipping... platform-tools/systr
$

1.1.4. パスを通す

$ cd ..
$ export PATH=$PATH:`pwd`/platform-tools
$ echo $PATH
/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/Users/(ユーザー名)/Downloads/platform-tools

恒久的に使用するのであれば、下記コマンド等を使用して「.bash_profile」などに記載する。

$ echo "export PATH=$PATH" >> ~/.bash_profile

※.bash_profileの内容は環境によって異なるので、確認してから実行すること

2. TWRPをインストールする

TWRPをxiaomi.eu公式ページSTABLE RELEASEのスレッドからダウンロードし、インストールする。

2.1. ダウンロードと解凍

$ curl -O <https://androidfilehost.com/?w=files&flid=50678のclover用TWRPのリンク>
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100 26.6M  100 26.6M    0     0  1098k      0  0:00:24  0:00:24 --:--:-- 1134k
$ unzip TWRP_clover.zip 
Archive:  TWRP_clover.zip
  inflating: twrp.img
$

2.2. fastbootで起動する

$ adb reboot bootloader

電源OFF状態から音量+ボタンと電源ボタンを押して起動することも可能。

2.3. TWRPをflashする

$ fastboot flash recovery twrp.img

2.4. recoveryモードで起動する

再起動してfastbootを終了する。

$ fastboot reboot

recoveryモードで起動する

$ adb reboot recovery

電源OFF状態から音量-ボタンと電源ボタンを押して起動することも可能。

3. 好きなカスタムROMをインストールする

MIUIとHavocはインストールしたことがあるけど、Mokeeはインストールしたことがない。

3.1. 好きなカスタムROMのダウンロード

3.2. OpenGappsのダウンロード

Havoc-OS(とおそらくMokee)はOpenGappsをインストールしないとGoogle Playが使用できない。
Havoc-OS(とMokee)のAndroidバージョンはPieなので下記の通りチェックを入れてダウンロードする。

  • Platform: ARM64
  • Android: 9.0
  • Variant: nano

Variantについては好きなものを使用して良いと思うが、nano以上じゃないと顔認証ができない。
上の方に行くほど余計なアプリが入っている。

$ curl -O https://github-production-release-asset-2e65be.s3.amazonaws.com/35368384/93573b00-21dc-11e9-9708-c74ac064e9bf?X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256&X-Amz-Credential=AKIAIWNJYAX4CSVEH53A%2F20190130%2Fus-east-1%2Fs3%2Faws4_request&X-Amz-Date=20190130T095349Z&X-Amz-Expires=300&X-Amz-Signature=0a10c27980bf45

nanoは上のコマンドでもダウンロードできる。

3.3. データの削除

Wipeをタップしてデータを削除する。
データを削除しない場合(dirty flash)はこの手順をスキップする。

3.3.1. 内蔵ストレージの内容を削除しない場合

あらかじめタブレット上にROMをダウンロードしている場合など、内蔵ストレージを削除しない場合は、「Advanced Wipe」をタップして下記を選択、Swipe to Wipeの矢印をスワイプする。

  • Dalvik / ART Cache
  • Data
  • Cache
  • System

3.3.2. 全部削除してクリーンインストールする場合

変にデータが残ると気持ち悪い人は、「Format Data」をタップして遷移した画面でyesと入力、右下のチェックマークをタップする。

3.4. ダウンロードしたファイルの転送

SDカードを使用して転送しても、タブレットでダウンロードしても良いが、TWRPで全部削除した場合はadbを使用してファイルを転送する。

$ adb push (転送したいファイル) (転送先のパス)

例)

$ adb push ~/Downloads/xiaomi.eu_multi_MIPAD4_9.1.24_v10-8.1.zip /sdcard/

3.5 インストール

TWRPの画面でInstallをタップ、転送したROMを選択し、Swipe to confirm Flashの矢印をスワイプする。
OpenGappsをインストールする場合は、そのままホームボタンを押して再度Installをタップ、OpenGappsを選択してSwipe to confirm Flashをスワイプするか、ROMを選択した際に「Add more Zips」をタップしてOpenGappsのZIPをインストールするように指定する。