タグ : macbook pro

MacBook Air (Late 2010)を売った。

MacBook Pro Retina 13″を買って今までメインで使っていたMacBook Air (Mid 2011)を家内に譲り、家内が使っていたMacBook Air (Late 2010)を売却した。

2年前に購入した物だったんだけど、売却額は予想に反して51,000円。
しかもそのLate 2010(MC506J/A)も同じ世代のメモリーが少ないタイプ(MC505J/A)からの買い換え。

正直Apple製品は型番がわかりにくく、形に変化もないので(ちゃんとLate 2010って明記してあったけど)Mid 2011あたりと勘違いしたんじゃないか?っていう気もする・・・。

今回購入したRetina 13″は141,800円でポイントが14,100P、実質127,700円で51,000円の下取りがあったような感じ。
ってことで実質のキャッシュアウト的には76,700円。

続きを読む

Macbook Pro Retina 13″ 批判的なブログが多いけど。

買った後からみんながどんな使い方してるのかに興味があって調べていると、結構な割合で批判的な内容のブログが見つかる。
それだけ期待されていたんだろうけど、所有している私からするととても残念なことだ。

っていうことで、若干トゲのある書き方で愚痴ってみる。
そういう内容が嫌いな人は続きを読まないように(笑)

批判的なブログの内容は、だいたいがCPUやGPUがRetinaじゃない方の13インチと同じとか、そもそもProとしては非力とかっていう意見。
あとは解像度がAir 13″より小さい、Retina 15″と比べてコストパフォーマンスが低いっていう意見。

確かにCPUやGPUはRetina 15″より非力だし、最適な解像度はAir 13″より狭い。
コストパフォーマンスも15″と比べると悪い。

でもそれって本当に比べる意味がある?

続きを読む

Retinaの解像度。

Macbook Pro Retina 13インチに最適な解像度は1280×800(Macbook Air 11インチの横幅より大きいのに低いのは若干残念使ってるうちに残念じゃないと思えてきた)、dot by dotは2560×1600。

スケーリングで選べる解像度は1680×1050/1440×900/1024×640。

1680×1050はMacbook Pro 15インチの高解像度ディスプレイ、1440×900はMacbook Pro 15インチの標準ディスプレイ、Macbook Air 13インチで採用されている解像度となっている。
・・・Macbook Pro Retina 15インチの最適な解像度も1440×900かな?

続きを読む

RetinaでVMware Fusion 5動かした。

20121030-002

※画像はiFixitから拝借。

RetinaディスプレーのMacbook Pro 13インチでVMware Fusion 5を動かしてみた。

今回購入したモデルはSSDが128GBのモデルなのであまり派手なことはできないけど、メインメモリが8GBなのとCPUがAirよりパワフルなのでかなり快適。
まぁ、Airでも問題なく使えてたからProになってだめってことはないんだろうけど。

最初に起動したときは「Retina ディスプレイのフル解像度を使用します」っていうところにチェックが入ってなくてぼやけた感じで表示され、すごく残念な気分になったんだけど、チェックを入れたら入れたで・・・ちょっと画面が細かすぎる。
テキストなんかを150%で表示するオプションがあるみたいだからこれは調べてみよう。

続きを読む