タグ : mavericks

Mac mini 2011をMavericksに

OS X LionのServerだったMac miniをMavericksにバージョンアップした。

MavericksのServerはOS X Serveって名前でMountain Lionと同じなんだけど、どうやら無料でアップデートではないらしい。
Mountain LionのServerはOS X Server 2.2.2と表示されていてダウンロードできるけど使えない状態になっていた。
※インストールって押すとダウンロードはできるけど実行できない

Thunderboltのファームウェアバージョンアップでフリーズしたり微妙に不安定な感じがあるけど・・・大丈夫かな??

続きを読む

Mavericksのクリーンインストールで不具合

なぜなのか・・・。

クリーンインストールをしてキーボード入力環境で「ことえり」を使う設定にし、Wi-Fiの設定を入れ・・・Apple IDでサインインって進めていくとコンピュータアカウントを作成で止まってしまう・・・。
アカウント名に「-」が入っているからダメなのか?

とりあえず、キーボード入力環境で「U.S.」を選んでWi-Fiの設定をスキップ、Apple IDの入力をしないでやればちゃんと進むんだけど・・・。

続きを読む

OS X Mavericksをクリーンインストール

Mavericksのクリーンインストール方法。

一度インストールした後、Altキーを押しながら起動して10.9の復元をするか、起動ディスクを作成してインストールする方法がある。
起動ディスクの作成なんかはそもそもそういう機能を持たせても良いんじゃないかって思っちゃうけどな・・・。

ああ、あと、GMを入れた状態でappを起動して上書きインストールすると最後の最後で止まっちゃうみたい。
アカウントの引継ぎは問題ないけどちゃんと入ってるのかすごい疑問。
そもそも引継ぎって言うか残っちゃってる感じで同じ名前のアカウントを作れなくなったりしたし。
※新しく別の名前でアカウントを作ったあと、ログアウト→旧アカウントでログイン→新アカウントを削除した

続きを読む

開発者じゃなくてもMavericksを

DeveloperじゃないアカウントでMavericksのGM Seedをクリーンインストールしたいって人が居るかもしれないからその方法を・・・。

アップデートはGM Seedのイメージを持っていれば超簡単。
普通にイメージ(appだけど)をダブルクリックして指示通りにインストールすればOK。
この場合、Apple IDとかを聞かれることもなく普通にインストールできる。
・・・っていうのを応用すればDeveloperじゃなくてもクリーンインストール可能。

具体的には通常使う起動ディスク以外のドライブを用意してそっちからOSを起動し、別ドライブから起動したOSで通常使う起動ディスクをまっさらにし、そこにインストールするだけ。

ところで、テストしようと思ってVMwareにインストールしたんだけど・・・アカウントを作るときに日本語環境が悪いのか、Apple IDを入力するのがダメなのか、位置情報を利用して時間を合わせるのがダメなのか何だか知らないけど進まなくなるので、ネットワークの設定をせず、Apple IDもスキップしてことえりも無効(USを選択)にしておけばすんなり進む。
VMwareにインストールしたときだけの不具合かもしれないけど・・・。

続きを読む