使えないmicroSDがある。

カメラを買って気が付いた、というか調べたんだけど、カードの表面に書いてあるマーク、かなり重要。
ちゃんと見る部分っていうか、気にしていた部分は容量とU3とかU1とかってUHSスピードクラス(U3はデータ書き込みの最低保証速度が30MB/s、昔だったら②とか⑩とかって書いてあるスピードクラス)くらいだったんだけど、それだけだとダメっぽい。

特に今回買ったような速度の速いカードを求めるようなビデオを撮るためのカメラの場合、ビデオスピードクラス(V10、V30、V90のような表記)の部分が重要だったらしい……。
(バスインターフェースは今はほぼUHS-Iしか出回っていない)
ビデオスピードクラスはVの後ろの数字が30の場合、データ書き込みの最低保証速度が30MB/sであることを表していて、Insta360 ONE RS 1インチはV30「だけ」サポートしているらしい。
ということで、絶対大丈夫なものを調べてSanDisk Extreme Proを買おうかと思ったんだけど、Amazonで調べると信頼できる販売元(Amazonとかメーカー)の出品がなかった。
偽物が存在するので、信頼できる販売元以外から買う選択肢はなく、SanDisk Extreme 256GBを購入。

手持ちのmicroSDを見てみると、みんなU3なんだけど、V30の表記があるのは買いなおしたSanDisk Extremeだけ。
ホームページの記載を調べてみるとTOSHIBA EXCERIA PROは読み出し95MB/s、書き込み80MB/s、SAMSUNG EVO Plusは読み出し100MB/s、書き込み90MB/sらしいんだけど、全く信用に値しない。
そもそも?U3とV30は両方とも同じデータ書き込みの最低保証速度が30MB/sって意味じゃないのか。。

あとは今回知ったんだけど、アプリケーションパフォーマンスクラス(A1、A2のような表記)。
A2の場合、ランダムリード最低処理速度4000 IOPS、ランダムライト最低処理速度2000 IOPS、シーケンシャル最低処理速度10MB/sということを表しているらしく、指定がない限りはA2を買った方が良さそうだった。

ってことで、新しい表記が増えない限りはV30、A2のものを買うことになりそうだ。
信頼できるっていう意味で、使ったことがあって問題がなかったSanDisk一択(LexarとかGIGASTONEとかあるけど値段もそれほど変わらないし)といえるかもしれない。

関連記事

  1. 2022.07.22

    DJI OM5の……。

コメントをお待ちしております

CALENDAR

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ARCHIVES

CATEGORIES