Sennheiser IE8真偽判別方法。

20100823-001

皆さん結構Sennheiserの偽物に興味があるようなので、本物の箱の写真をUPしてみた。
中身のフリスクケースはもう外に出しちゃってるから入ってないけど、全体像はこんな感じ。

何度も書いてるけど、今出回ってる偽物は本当に良くできていて、本物を持っている人じゃなければ偽物だってわからないような感じ。
偽物の箱も細部は違うけどほぼ同じ形で、細かいギミックを除けば全く同じと言って良い感じ。
フィルムが若干緩かったりするけどクオリティもかなり高い。
まぁ、前回手に入れた偽物は実は本物でIE8の箱とIE7の箱で違うってだけの可能性も0%ではないけど・・・。

で、↓これが偽物(と思われる)箱の写真。

20100807-002

こういう比較をすると思わなかったからちょっと角度とか違うんだけど・・・。
まず、左端の部分が違う。

20100823-003

本物はこんな感じで銀色の部品がくっついてる。
どっちが磁石になってるのかはわからないけど、とにかく蓋と箱本体が磁石でくっつくようになってる。
これに伴い、ちょっと膨らんでるからわかると思うけど蓋の方も中に金属が埋め込まれてる。

20100823-004

それと、中に入ってるケースが違う。
偽物はポリプロピレンみたいな材質でできてる↓のような感じなんだけど・・・。

20100810-005

本物は↓のような硬質プラスチックでできていてフリスクケースって言われたりするハードケースにすっぽり入るようになっている。

20100812-006

このケースはイヤチップを固定する部分が大きく、しっかりとはまるようになっている。
それと、裏に除湿材を入れる場所があり、クリーニングツールが付属している。

20100812-007

最後に、ハードケース。
これは偽物には付属していなかった。
偽物にこれだけコストをかけるのは無理って判断なのかな?
この辺も完全にまねしてくると真偽の見分けが付きにくくなるな・・・。
20100812-008
20100812-009
イヤホン本体の見分け方は残念ながらIE8の偽物、IE7の本物を見たことが無いのでできないけど、これだけでもかなり違いがわかるんじゃないかな?
本体の方もIE8であればいつでも写真撮れるのでコメント欄にでもどの部分の写真がほしいか書いてもらえればUPします。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。