MacでNexus7をいじくり倒す

まずはNexus7で開発者向けオプションの表示から。

Androidの4.2になってからデフォルトでは表示されていないらしい。
設定の一番下にある「タブレット情報」を開いて「ビルド番号」と書かれた場所を7回連続でタップする。
何回かタップしてるとあと○回でデベロッパーになれますみたいなメッセージが表示される。
成功すると、”これでデベロッパーになりました!”というメッセージが表示され設定に開発者向けオプションが表示される。

その後、設定から管理者向けオプションをタップしてUSBデバッグにチェックを入れればadbを使うことができるようになる。

adbはバックアップとリストア、リブート、シェルなんかが使えればとりあえず良さそうな感じがする。

fastbootを使いたい場合など、adbからブートローダーに入れたりと便利。

ブートローダーでリブート
$ adb reboot bootloader

リカバリーでリブート
$ adb reboot recovery

パズドラみたいなセーブデータがローカルにあるアプリだとバックアップ&リストアが便利。

バックアップ
$ adb backup -f [バックアップ先のファイル名] -apk [アプリのパッケージ名]

リストア
$ adb restore [リストア元のファイル名]

バックアップするアプリのパッケージ名はGoogle Playのページで調べることができる。
例えばパズル&ドラゴンズだとGoogle PlayのURLが↓みたいな感じになっている。

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.gungho.pad&feature=search_result#?t=W251bGwsMSwyLDEsImpwLmd1bmdoby5wYWQiXQ..

上で示した(赤文字部分)ようにid=と&の間の部分がパッケージ名。

あとはシェルだけど、これはLinuxやらMacを使ってる人なら何となくわかると思う。

シェルを起動
$ adb shell

ちなみに端末を複数持っている場合などはadbコマンドの後ろに-s [シリアルナンバー]と指定する必要がある。
シリアルナンバーは下記の方法で調べることができる。

$ adb devices
List of devices attached
015XXXXXX734100d device

赤文字部分がシリアルナンバー。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。