PacketiXでVPN。

CentOSはRHELサーバのクローンだからRHELに対応しているアプリケーションなら大抵はインストール可能。
ってことで、SoftEtherの後継アプリケーション、PacketiXをインストールしてみた。

ちなみにPacketiXはソフトイーサ株式会社のホームページからダウンロードできる。

通常のインストール方法は公式ページにオンラインマニュアルがあるから、そっちを見てもらうとして、makeを実行すると何かが足りないらしいメッセージが表示される。
ってことで、必要なライブラリをインストール。

# yum install -y zlib-devel readline-devel ncurses-devel

それ以外には特別な操作は何もないかな・・・。

ただ、残念なことにLinux版はカーネルの制限だか何だかでNICが2枚ないとだめっぽい。

(3.6.11 Linux におけるローカルブリッジの注意事項)

2枚目のNICにはIPアドレスを割り振る必要はなく、設定的には下のような感じにすれば良い。

(NICのMACアドレスはカードに合わせて設定してください)

# cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1
DEVICE=eth1
ONBOOT=yes
HWADDR=XX:XX:XX:XX:XX:XX
TYPE=Ethernet
NETMASK=
IPADDR=
GATEWAY=

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。