CentOS 5 初期設定。

最近サーバの設定をすることが増えたので自分用にメモ。
うちで構築されたサーバの作業ないようなこれとほぼ同じです。

以前設定して、メモしてあった物もあるんだけど、一つにまとめてしまった方が良さそうなのでここに書き直し。
長くなっちゃったやつは直リンクで・・・。

  1. rootになれるユーザを制限する
    ここでは、「admin」というユーザのみrootになれるように設定する。

    ■adminユーザをwheelグループに追加

    [[email protected] ~]# usermod -G wheel admin

    ■コメント解除

    [[email protected] ~]# vi /etc/pam.d/su
    - #auth       required     pam_wheel.so use_uid
    + auth       required     pam_wheel.so use_uid
  2. yumの設定
    サービス時間帯にパッケージが自動的に更新されたりすると困るのでyum-updatesdを停止し、夜間に更新するように変更する。

    ■yum-updatesd停止

    /etc/rc.d/init.d/yum-updatesd stop
    yum-updates を停止中:                                      [  OK  ]

    ■yum-updatesd削除

    [[email protected] ~]# yum -y remove yum-updatesd

    ■yum-cronインストール

    [[email protected] ~]# yum -y install yum-cron

    ■夜間 yum 更新起動

    [[email protected] ~]# /etc/rc.d/init.d/yum-cron start
    夜間 yum 更新の有効化中:                                   [  OK  ]

    ■夜間 yum 更新自動起動の設定

    [[email protected] ~]# chkconfig yum-cron on

    ■パッケージの更新 (初回時は大量のパッケージを更新するため時間がかかる)

    [[email protected] ~]# yum -y update
  3. root宛メールを転送する
    以前にも書いているので、こっちを参照。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。