AirMac Express購入、CUBE取り外し。

先日のブログでau Wi-Fi HOME SPOT CUBEについて書いたんだけど、やっぱりダメだったので早速AirMac Expressを購入。

なんて言うかIPアドレスを固定して様子見中だったんだけど、何故か勝手にDHCPに戻ってた(笑)
勝手に再起動でもしたのかな?
そもそも設定が反映されないとか、勝手に設定が変わるとかダメすぎる。  
デザインもスペックも悪くないんだけどね。

で、AirMac Expressだけどこの機種はWAN側のインターフェースが100Mbpsなので微妙にボトルネックになる気がするけど、常に300Mbpsで通信できる程近くで使うわけでもないので妥協。
Extremeにすれば1Gbpsみたいだけど値段も倍くらい違うし、LAN側インターフェースもHUBがなくなるほど沢山あるなら考えるけど3個だしね。

開封してみるとiPhoneやMacBook Air、Mac miniと同じように箱ギリギリに本体が入ってる。

で、その本体を取り出してみると、すぐ下に厚紙の仕切りがあって・・・。

さらにその厚紙をとってみると電源ケーブルがとぐろを巻いて入ってた。

CUBEと比べてみると体積はAirMacの方が小さいけど、底面はCUBEの方が小さい。

で、早速ケーブル類を接続して電源を入れてみると、違うHUBに刺さってるMac miniが勝手に検出して自動的にAirMac ユーティリティが起動、だけどここは敢えて無線しかないMacBook Airで設定をしてみる。
同じようにAirMac ユーティリティを今度は手動で起動してみると、自動的にAirMac Expressを検出、SSIDとパスワード、AirMac Express本体の名前を入力するとすぐに使えるようになった。

Web UIなんかは持ってないみたいでユーティリティからしかいじれないみたい。
WAN側のIPアドレスを固定したり、5GHz帯の設定なんかもこのユーティリティから簡単にできて、拍子抜けするくらいだった。

関連記事

  1. NO IMAGE

    2008.08.24

    vmdkファイル。
  2. NO IMAGE
  3. NO IMAGE
  4. NO IMAGE
  5. NO IMAGE
  6. NO IMAGE

コメントをお待ちしております

CALENDAR

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ARCHIVES

CATEGORIES