daemontoolsの導入。

サービスがダウンしたらすぐに再起動するツールをインストールする。

常にサービスの死活を監視し、落ちたらすぐに再起動するdaemontoolsはqmailやdjbdnsととても相性が良い。
作者はやはりD. J. Bernstein氏で、同ソフトは作者のページからダウンロードすることができる。
sshやftpのサーバについても制御することができる。

2006/12/28日現在最新版は0.76だが、一応公式ページを確認しておく事をお勧めする。
アーカイブをダウンロードしたら解凍し、指定のディレクトリに移動する。
指定のディレクトリは「/admin/daemontools-0.76」だが、これが気に入らない場合は別の場所でも問題はない。
今回は、「/opt/daemontools-0.76」に設置することにする。

今回使うファイルは「daemontools-0.76.tar.gz」と、「daemontools-0.76.errno.patch」の2つ。

$ wget http://cr.yp.to/daemontools/daemontools-0.76.tar.gz
$ tar zxf daemontools-0.76.tar.gz
$ su
# mv admin/daemontools-0.76 /opt
# rm -rf admin
# cd /opt/daemontools-0.76
# wget http://qmail.org/moni.csi.hu/pub/glibc-2.3.1/daemontools-0.76.errno.patch
# patch -s -p1 < daemontools-0.76.errno.patch
# rm daemontools-0.76.errno.patch
rm: remove 通常ファイル `daemontools-0.76.errno.patch'? y
# package/compile
# package/upgrade
# package/run
Creating /service...
Adding svscanboot to inittab...
init should start svscan now.

これでdaemontoolsのインストールが完了した。

関連記事

  1. NO IMAGE

    2008.05.07

    rootでssh接続。
  2. NO IMAGE

    2008.05.10

    Windowsでもvi?
  3. NO IMAGE
  4. NO IMAGE
  5. NO IMAGE

コメントをお待ちしております