電気代。

ソフトバンクの「おうちでんき」を契約していたんだけど、この度、補助金をもらうために「自然でんき」に切り替え。
「おうちでんき」では基本料金がかかって、使用する電力量に応じて3段階に料金がわかれているけど、「自然でんき」は基本料金無料で電力量に限らず一定となっている。

おうちでんき自然でんき
税抜税込税抜税込
基本料金契約電流10Aにつき260円00銭286円00銭
契約電流1kVAにつき260円00銭286円00銭
1契約につき0円0円
電力量料金最初の120kWhまでの1kWhにつき17円90銭19円68銭
120kWhを超え300kWhまでの1kWhにつき23円83銭26円21銭
300kWhを超える1kWhにつき27円51銭30円26銭
1kWhにつき24円08銭26円48銭

上の表を見るとわかる通り、「おうちでんき」の2段料金「26円21銭」と「自然でんき」の料金「26円48銭」はほぼ同じなので、基本料金などを考慮すると、20Aなどの単身世帯でない限り、大体の場合において「自然でんき」の方が安くなるらしい。
ちなみに30Aの契約で300kWh使った場合、「おうちでんき」で7,937円40銭、「自然でんき」で7,944円となる。
ここが分水嶺的な?

うちはもともと40Aの契約だったんだけど、テスラで30A使いたい場合、40A×100V=4kVAと30A×200V=6kVAの合計10kVAの契約となる。
※両方フルで使う想定の場合
そうなると、それだけで基本料金が2,860円となり、一番安い1段料金の差額816円(26円48銭-19円68銭=6円80銭を120kWh分)よりも大きくなり、120kWh~300kWhの差額48円60銭では逆転できないので、どんなに頑張っても「自然でんき」の方が安いということになるらしい。

そもそも300kWh以上使うなら「自然でんき」契約にしていた方が良いって感じなんじゃないかと思う……。
まぁ、ソフトバンクの場合(違う業者でも同じかもしれないけど)燃料費調整額で-2,211円60銭とか、再エネ発電 賦課金1,358円とかよくわからないところで割引、割増があるので、実際に請求されるまでわからない。

関連記事

  1. 2021.06.05

    光軸調整。
  2. NO IMAGE
  3. NO IMAGE
  4. NO IMAGE
  5. NO IMAGE

コメントをお待ちしております