rootでのsshリモートログイン拒否。

Fedora Core 6のデフォルト状態ではrootでのリモートログインが許可されている。

rootユーザはUNIXであれば必ず存在するアカウントなので、とても危険だ。
(通常rootユーザでのリモートログインは拒否されることが多いので、ログイン試行しないロボットもあるようだ)
そこで、rootでのログインを拒否する設定を行う。

まず、sshdの設定ファイルをviで編集する。

# vi /etc/ssh/sshd_config
#PermitRootLogin yes

PermitRootLogin no

そしてsshdのリブートを行う。

# service sshd restart
sshd を停止中: [ OK ]
sshd を起動中: [ OK ]

これでrootでリモートアクセスができないように設定ができた。
試しにクライアントPCからrootユーザでssh接続を行ってみるとちゃんと拒否されることが確認できる。

関連記事

  1. NO IMAGE
  2. NO IMAGE

    2008.02.21

    家サーバの。
  3. NO IMAGE

    2012.04.16

    Pogoplug PC。
  4. NO IMAGE
  5. NO IMAGE
  6. NO IMAGE

コメントをお待ちしております

CALENDAR

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ARCHIVES

CATEGORIES