タグ : macbook air

Macbookは買わない

もちろん金銭的に余裕があれば欲しいんだけど、Watchも予約しちゃったし・・・。

今、自宅にはMacbook Air(mid 2011)のCTOモデル(1.8GHz Core i7)と、13inch Macbook Pro Retina(Late 2012 2.5GHz Core i5)があるんだけど、Yosemiteの10.10.3から採用された写真(Photos)を使うとCPUの性能に限界を感じる。

正直Airでは動かす気にならない、メモリが少ないのも悪いんだろうけど、人々(People)を弄ろうとすると数秒反応しなかったりって言うレベル。
(Proでもちょっと重いな・・・って感じる)

CPUなんてあまり使いきることなんか無いからどうでも良いと思ってたんだけど、Apertureやら写真(Photos)でもそれなりに必要となると・・・。

続きを読む

Macbook Air/Proの容量不足を解消!JetDrive Lite

交換用SSDじゃなく、Macbook Pro/AirのSDカードスロットにぴったりはまる増設用のフラッシュストレージが出たらしい!
無期限保証で、全てMLCで10,000回の抜き差しが可能らしい。

前にNifty DriveってmicroSDHCカードのアダプターがあったけどそれと似た感じ。
Nifty Driveは勢い余ってRetinaじゃないPro用を買っちゃってがっかりな結果になったからこれは期待!!

JetDrive Liteは「最大読込速度:95MB/秒、最大書込速度:60MB/秒の転送速度を誇り、Time Machineのバックアップ、iTunesのライブラリなど大いに活用できるでしょう。

とのことで、結構速度も速く容量も64GBと128GBがあるっぽい。
ただ、Retina 13″だけ64GBしかないらしい・・・なんでやねん。。

MacBook Air 13″用
JetDrive Lite 130 64GB for Macbook Air 13″ (Late 2010 – Mid 2013) TS64GJDL130
JetDrive Lite 130 128GB for Macbook Air 13″ (Late 2010 – Mid 2013) TS128GJDL130

MacBook Pro (Retina) 13″ (Late 2012 – Late 2013)
JetDrive Lite 330 64GB for Macbook Pro with Retina display 13″ TS64GJDL330

MacBook Pro (Retina) 15″ (Mid 2012 – Early 2013)
JetDrive Lite 350 64GB for Macbook Pro with Retina display 15″ TS64GJDL350
JetDrive Lite 350 128GB for Macbook Pro with Retina display 15″ TS128GJDL350

MacBook Pro (Retina) 15″ (Late 2013)
JetDrive Lite 360 64GB for Macbook Pro with Retina display 15″ TS64GJDL360
JetDrive Lite 360 128GB for Macbook Pro with Retina display 15″ TS128GJDL360

続きを読む

JetDrive 720っていうのが出たらしい

TranscendからJetDriveって言うやつが出たらしい。
※MacBook Pro (Retina)専用 960GBが発売されたので更新

MacBook Pro Mid 2012/Late 2012/Early 2013 with Retina displayのSSDを交換するなら720シリーズが対応するらしく、Read最大495MB/s、Write最大427MB/s。
容量は240GB/480GB/960GB(Proの960GBだけ5月下旬発売)でそれぞれ21,800円/41,800円/74,800円で、5年保証とのこと。
(ちなみにMacBook Air Late 2010/Mid 2011は500シリーズ、Mid 2012は520シリーズとのこと)

MacBook Pro (Retina) 13inch専用(15inch専用はこちら)
240GB / TS240GJDM720 21,800円
480GB / TS480GJDM720 41,800円
960GB / TS960GJDM720 74,800円

MacBook Air(Late 2010/Mid 2011)専用
240GB / TS240GJDM500 21,800円
480GB / TS480GJDM500 41,800円※
※Late 2010は13インチのみ対応

MacBook Air(Mid 2012)専用
240GB / TS240GJDM520 21,800円
480GB / TS480GJDM520 41,800円
960GB / TS960GJDM520 74,800円

今までの純正(SUMSUNG)より安い!
しかもUSB3.0対応の外付けケースが付いてくるらしく、今まで使ってたSSDも無駄なく再利用可能とか。

続きを読む

PacketiXがMacOSに完全対応した。

ってことで、早速家のMac miniにてコンパイル。

手順書が無くて若干手間取った感があったけど特に問題なく。
MacでコンパイルするためにはXcodeをインストールしてPreferenceからDownloadsタブを選び、Command Line Toolsをインストール、ダウンロードしたあと、ターミナルなどでgzファイルを解凍したフォルダにてmakeを実行するだけで良い。

それだけでコンパイルが完了し、あとはその場で./vpnserver startと打てば起動。

起動さえすればWindows用のアーカイブに含まれる管理ツールからGUIで設定が可能になる。

続きを読む

MacBook Air (Late 2010)を売った。

MacBook Pro Retina 13″を買って今までメインで使っていたMacBook Air (Mid 2011)を家内に譲り、家内が使っていたMacBook Air (Late 2010)を売却した。

2年前に購入した物だったんだけど、売却額は予想に反して51,000円。
しかもそのLate 2010(MC506J/A)も同じ世代のメモリーが少ないタイプ(MC505J/A)からの買い換え。

正直Apple製品は型番がわかりにくく、形に変化もないので(ちゃんとLate 2010って明記してあったけど)Mid 2011あたりと勘違いしたんじゃないか?っていう気もする・・・。

今回購入したRetina 13″は141,800円でポイントが14,100P、実質127,700円で51,000円の下取りがあったような感じ。
ってことで実質のキャッシュアウト的には76,700円。

続きを読む

moshi。

20120618-001

スウェードで自作してもらった袋をずっと使ってたんだけど、どうも毛玉がひどいのと穴が開いたのでMacbook Airのインナーバッグを新調した。

買ったのは「moshi muse 11」っていうMacbook Air 11インチ専用のインナーバッグ。
結構前から目を付けててようやく購入って感じ。

生地が思ったより全然分厚く、かなりしっかりした印象。
あと、フリップになってる部分より下に入ってフリップより上は結構余るのかと思ったらそうではなかった。
フリップ部分を引っ張って入れ込む感じ。

20120618-002
続きを読む

Macbook AirのSSD。

20120413-001

128GBで十分だろうと、256GBにはアップグレードせず、CPUとメモリはそれぞれCore i7、4GBにアップグレードしたMacbook Air 11・・・。

最近、社内ネットワークへの個人端末の接続が許可されそうな雰囲気&支給PCのスペック的にAirでも十分そうということで、そもそも許可されているVPN接続(ほとんどの作業はVPN接続でできる)を試してみるとかなり良さそうな感じだったので、しばらくこっちをメインで使ってみることにした。

Windows 7を会社用、Lionを個人用として使うことを考え、BootCampで均等に(128GBを半分ずつ)に割り当て使い始めたんだけど、LionはiTunesのデータなんかで、Windows 7はOutlookのキャッシュで思ったよりディスクを利用することが判明。

続きを読む

AirのBoot Campで。

TMPGEnc Video Mastering Works 5をインストールしてみた。

今まで使ってたCore 2 Quad Q6600のデスクトップだと24分の動画を圧縮するのに1時間近くかかってたんだけど、15分くらいで終わるようになった。
CPUの性能的にはQ6600の方が早いんだけど、Intel Quick Sync Videoが使えるからかなり快適。

Mac miniだとデスクトップ製品の上位バージョンの方は使えないらしいから、エンコードでQuick Sync Videoが使いたいなら迷わず下位バージョンかサーババージョンだな。

続きを読む

MacBook Air 11インチ再び。

12月1日に入手したMacBook Airがあまりに快適だったので、メインで使うことにした。

メインで使うに当たり、ストレージ容量の小ささがネックになりそうだったので、今使ってるMacBook Air(MC505J/A)をオークションで売却し、容量の大きいもの(MC506J/A)を買い直そうと思ったんだけど、オークションだと容量が大きいものはなぜか新品未開封の出品が少なく、Apple Storeはともかく、ネットショップで買うのと比べてコストメリットもあまりなさそうな感じだった。

ってことで、Apple Storeを見てみると、プリンターを買うと10,000円キャッシュバックキャンペーンをやっていた。
どんなプリンターがあるんだろう?と見てみると安いのから高いのまで結構たくさん種類があって、「HP Photosmart Wireless B110a」っていうプリンターが10,000円・・・。
ってことは、プリンターが無料でもらえるってこと??

しかも、運が良いというか何というか、Apple Storeで扱っている商品は会社の福利厚生制度でちょっと安く買えるっぽい。
プリンターをもらうとむしろ儲かる!?

続きを読む

Macbook Airを使って。

Macbook Airを使ってみると、今まで使っていたWindowsのノートが非常にしょぼく感じる。
一応1kgくらいしかないノートでかなり軽量、その割にCPUはCore i7なんていうやつなんだけど、やっぱりストレージがボトルネックになっているらしく、動作は結構もっさりすることがある。
・・・Macbook Airのストレージは相当早いらしく、起動するのも30秒かからないし、動作がもっさりすることもあまりない。

で、そうなってくるとWindowsメインからMacメインになってくるわけで、そうするとADで統合された環境って言うのは微妙に思えてくる。
そもそも自宅にML110をおいてHDDを4台搭載すると何もしてない状態で100W近いわけで、月額1,500円~2,000円くらい電気代を払っている計算になる。
これをどうにかできればWindowsサーバは撤去できるってことで、ちょっと調べてみた。
まずはストレージ、メール、DNS、DHCP、VPNサーバあたりを用意できればいいのかな。

続きを読む